旦那 薄毛対策 育毛剤

脂漏性脱毛とは?

脂漏性脱毛とは、ホルモンのバランス異常などにより、過剰に皮脂が分泌され、毛穴を塞ぐことで脱毛する症状を指します。毛根が炎症を起こして、髪が抜ける症状を引き起こす特徴があります。脂漏性脱毛は、皮脂そのものの過剰分泌で髪が抜けるのではなく、塞がれた毛穴周辺に、常在菌が異常繁殖することで炎症が及び、結果的に髪が抜け落ちるというものです。いずれにせよ、脂漏性脱毛に対しては、皮脂を取り除く必要があり、それが有効な手段とされています。ただ、実際に、脂漏性脱毛症と診断される人は極めて少なく、脱毛症で悩む人の1%にも満たないと言われています。脂漏性脱毛は、症状単体で脱毛が進行するわけではなく、塞がれた毛穴に雑菌や細菌などが繁殖することで、毛根や頭皮が炎症を起こします。それで抜け毛が進行するのです。男性型脱毛症などが並行して進行する特徴があるので、治療に際して、皮脂を取り除く育毛法に終始すると、根本解決にならないと言われています。脂漏性脱毛になると、付着した皮脂を取り除いても、すぐに毛穴から皮脂が大量に分泌され、皮脂でベタベタになります。症状が酷くなると、毛穴が化膿して痛みや激しい痒みを伴うので、皮膚科の診断を受ける必要があります。

男性の脂漏性脱毛の原因

男性の脂漏性脱毛症の原因は、一般的にはホルモンの作用によるものです。脂漏性脱毛症が酷くなると脂漏性皮膚炎に繋がるので注意しないといけません。男性の脂漏性脱毛は、脂常在菌などの細菌、ダニ類の繁殖を招くので、結果的に炎症や化膿を起こしてしまいます。皮脂の異常分泌が起こる理由はまだはっきりしていませんが、主な原因は、男性ホルモンの異常とされています。男性ホルモンには皮脂の分泌を活発にする作用があります。皮脂の分泌には男性ホルモンの増減が関わっていて、ホルモン異常や遺伝的な突然変異が男性の脂漏性脱毛の原因に関係しています。ただ、根本原因は、ホルモンの作用によるものだけではありません。脂漏性脱毛症については、症例が少ないので、はっきりとした原因が特定されていません。栄養バランスの悪化や過剰なストレスなども原因の1つとされています。男性の脂漏性脱毛は、壮年期よりも思春期の世代が発症することが多いことから、成長期における精神的不安定要素が引き金となっている可能性も十分あります。男性で脂漏性脱毛症と診断されるケースは極めて少なく、オイリー肌の男性でも、この症状に該当する人はほとんどいません。

男性の脂漏性脱毛の予防と対策

男性の脂漏性脱毛の予防と対策をする場合、大事なことは、頭皮の炎症と皮脂の過剰分泌が治まるまでは刺激の少ないシャンプーで、しっかり皮脂を取り除くことです。まずは頭皮の常在菌のバランスを保つことが先決です。食事を改善するとこも大事です。脂漏性脱毛の予防と対策をするなら、ビタミンB群を多く含む食材を摂ることです。ほうれん草、魚介類、豆類、卵、などがおすすめです。食物繊維を多く含む、イモ類、海藻類、キノコ類などもおすすめで、野菜中心の食生活に切り替えるとよいです。脂肪分の多く含む食べ物はできるだけ避けるようにします。肉類やスナック菓子類は控えるようにし、刺激の強いアルコールやコーヒーもよくありません。タバコも控えることです。脂漏性脱毛の対策で最もおすすめなのが適度な運動です。心身ともにリフレッシュできる運動はおすすめで、日頃の生活の一部に取り入れると非常に効果的です。脂質を減らすには、日ごろから脂肪が燃焼しやすい体質に変える必要があります。ランニングや筋力トレーニングなどで代謝を改善するとよく、燃えやすい体に変化させることができれば、頭皮の脂も出にくくなります。