旦那 薄毛対策 育毛剤

ひこう性脱毛症とは

ひこう性脱毛症とは、乾燥したフケや古くなった角質が毛穴に詰まることで脱毛してしまう症状を指します。毛穴の詰まりから皮膚常在菌が異常繁殖することで毛根が炎症し、脱毛するのです。脂漏性脱毛症と症状は似ていますが、ひこう性脱毛症の場合、皮脂の過剰分泌が原因ではなく、頭皮の角質異常が原因になります。大量のフケが発生すること毛穴が詰まり、炎症を起こすので、原因はまったく別物です。ひこう性脱毛症になると、目詰まりした毛穴の中で雑菌が繁殖して毛根や頭皮に炎症を起こします。フケが出る量が多くなるのですが、白い粉状になって剥がれ落ちるのではなく、剥がれたフケがかさぶた状になって毛穴を塞ぎます。頭皮の垢であるフケが毛穴に溜まることが原因なので、ひこう性脱毛症の対策は難しいものがあります。薬物に頼った治療法は、完治までに時間がかかり、症状が慢性化すると治療が困難になるという特質があります。ひこう性脱毛症は、完治が難しい脱毛症なので、体内外からのアプローチを根気よく続ける必要があります。自然治癒力を引き上げることが何より大事です。

男性のひこう性脱毛症の原因

男性のひこう性脱毛症の原因は、大量に発生するフケで、それが毛穴に入り込んで髪の毛の成長を妨げます。その結果、抜け毛が増えてしまうのです。いつもと違うフケの量がある場合、十分に注意しないといけません。ひこう性脱毛症の最大の原因は、頭皮の乾燥です。乾燥により大量のフケが発生し、ひこう性脱毛症を引き起こします。ただ、発生するフケはカサブタ状という特徴があり、毛穴を塞いで詰まらせてしまうくらい大量のフケが発生する特有の症状があります。そのため、単にフケが発生したからといって、ひこう性による脱毛にはなりません。ホルモンのバランスが乱れることも影響しています。頭皮の常在菌が異常繁殖し、それが元で脱毛するのがひこう性脱毛症です。頭皮の常在菌が異常繁殖してしまう原因についてはまだ解明されていませんが、アレルギー症状を持つ人は比較的発症しやすいと言うデータがあります。アレルギー体質の人に発症する割合は高く、アトピー性皮膚炎の人にも割と多い症状の1つです。血中の免疫グロブリンがひこう性脱毛症の原因となっているとう説もありますが、はっきりとはしていません。

男性のひこう性脱毛症の予防と対策

男性のひこう性脱毛症の予防と対策は、どのようにすればいいのかというと、効果的なのは、頭皮の炎症を抑える薬を塗布することです。ひこう性脱毛症に対しては、まず頭皮の炎症やかゆみを抑えることが先決です。そのためには、病院に行って、痒みを抑えてもらう必要があります。頭皮の炎症やかゆみがある場合、まずは炎症やかゆみを取ってもらいましょう。頭皮に炎症やかゆみがあると、症状の悪化が考えられるからです。男性のひこう性脱毛症の対策で一番大事なのは、頭皮の炎症とかゆみを取ることです。頭皮の菌を抑えるシャンプーもおすすめです。頭皮の炎症やかゆみが収まったら、今度は、頭皮の菌を減らさないといけません。頭皮の菌を減らすには、ミコナゾール硝酸塩の入った頭皮の菌を抑えるシャンプーがよく、毎日のシャンプーで頭皮の菌を抑えることができます。シャンプーなら、気軽に予防と対策ができます。シャンプーするのが面倒なら、オゾン水で頭皮を洗ってもかまいません。これは有効な予防策で、頭皮の菌を抑えることができます。オゾン水を頭皮にかけるだけで、増えすぎた菌を抑制できます。